top of page

MTBをする時の適切な服装

頭からつま先までしっかりカバー!

マウンテンバイクでダウンヒルをするために設計された推奨サポーターを切る事でさまざまな要素や怪我から体を守れます・

① ヘルメット (必須)

バイクパーク内のすべてのライダーはヘルメットを必ず着用してください。スピードを出しがち、ジャンプが好きな人はフルフェイスと言われる顎までカバーしてくれるヘルメットの着用を強く推奨します。

 

② 肘と膝パッド

クラッシュの際に最も怪我をしやすいのが肘や膝です。切り傷、擦り傷、およびあらゆる衝撃から保護してなかでれます。

 

③つま先から足首までしっかりカバーしている靴

丈夫なつま先部分と高い足首サポート、そして靴底が平で少し分厚めの靴がおすすめです。荒れた地形や衝撃に対処できます。

④長袖シャツと半ズボン、またはストレッチの効いた長ズボン

露出を少なくする事で虫刺されや怪我の対策ができます。

 

⑤グローブ(ストレッチの効いた指先までカバーできるもの)

ブレーキをしっかりと握れたり、ハンドルバーから手が滑るのを防止します。また転ぶ時に最初に自分を支えるのは通常手なので、しっかりカバーする必要があります。


⑥ボディ アーマー

背中と胸をさらに保護したい場合のオプションです。

 

⑦ネック ブレース

大きなジャンプやドロップをするときに通常必要となる、首をさらにサポートしたい場合のオプションです。

⑧ゴーグルやサングラス

トレイルやクラッシュで遭遇する泥、枝、その他の障害物から目を保護するのに役立ちます。

対策をする事で、天候、障害物、クラッシュで一日が早く終わってしまわないように遊びましょう!

IMG_4404.JPG

​相談すると良い自転車屋さん

bottom of page